待遇が悪いと言われているけど、本当に悪いと思いますか? 2015年4月17日

nayamu看護師の仕事というのは、
想像以上に辛いですよね。

肉体的にも精神的にも過酷な部分が多くみられます。
その割には給料が良くないと感じている看護師も、
実は沢山います。

 

看護学校を卒業して、
そのまま看護師として働く人は多くいます。

看護師の給料しか知らないという人にとっては、
低すぎる給料と思うケースはとても多くなっています。

 

でも、看護師の給料というのは、
他の職業に比べるとかなりの高水準です。

これだけの仕事をしているのだから当たり前。
と考えるかもしれませんが、
仕事と給料のバランスがとても悪いとうことはあまりありません。

 

ただ、看護師の働く環境というのは、
一概にすべてが同じという訳ではありませんよね。

他の看護師の職場に比べてかなり環境が悪い、
待遇が悪いという状況があることもあります。

 

今の職場が待遇が悪いと思って転職をしたけど、
もっと悪いところに来てしまった。
ということは実はあります。

待遇の悪さを理由に転職をする場合、
本当に待遇が悪いのかはよく
リサーチする必要がありそうです。

 

看護師の仕事は
どうしても自分の都合よりも患者さんの都合、
職場の都合によって働くことが多くなります。

そのため、プライベートがおろそかになる。
と考える人は多いですよね。

 

とくに、結婚や出産、そして育児や介護といった、
ライフスタイルの変化によって、
仕事とプライベートのバランスを代えたいという人は多くいます。

仕事の量を減らしたい、
増やしたいという理由で転職をするときには、
場合によっては働き方を変えることで職場に残ってもらいたい。

 

と上司に引きとめられることがあります。

もし、働き方を替えれば
その職場で働いても良いと思うのであれば、
素直に提案に残ることはおすすめです。

 

でも、どうしてもそれでは自分の希望が通らない場合には、
転職をするというのも決していけないことではありませんよ。

Comments are closed.