濃密な人間関係に悩む看護師は多い 2015年4月17日

 

taiguu看護師は男性と女性だと
圧倒的に女性が多い職業になりますよね。

最近では男性看護師の姿も良くみられますが、
それでもかなりの小数です。

 

女性が多い職場というのは、
どうしても独特の人間関係が
発生することが多くなります

また、女性が多い職業の中でも、
看護師は生死にかかわる仕事ということで、
先輩と後輩の間での指導が厳しいということでも有名です。

 

このような関係が、仕事上だけで済んでしまえばよいのですが、
女性特有の関係性というのは、
仕事だけではなくプライベートまで及ぶことが多い。

という困った事情もあるんですよね。

 

病棟やクリニックなど、ある程度範囲が狭い状態で、
このような人間関係が築かれると、
どうしてもそれが濃密な人間関係を形成してしまう事があります。

良好な状態であれば問題がないのですが、
一度この状態が悪い方に働くと、
精神的に憂うつになる、仕事に行くのが嫌。

 

というようなことが起こり、
うつ病にかかってしまうこともあるんです。

 

人間関係の悪化などによって
転職を考えるという看護師は多く、
離職の原因の中でもよく見かけられます。

ただ、人間関係を理由に転職をする人というのは、
転職を繰り返すことも多いんです。

 

その理由は、
やはり次の転職先でも
人間関係に悩むためなんです。

うつ病になってしまうほど悩みが深い場合には、
やはり離職をするということは必要です。

 

でも、人間関係というのは、
一概に周りだけが悪いということはなく、
何か自分自身にも問題がある場合もあります。

まず、原因を探り、
どうしていつも人間関係で悩むことになるのかという
自己分析をすることも大切ですよね。

Comments are closed.