クリニックはそれぞれの施設で個性が分かれる!? 2015年4月17日

 

koseiクリニックは小規模は医療機関です。
入院設備がない病院がおおく、
個人開業医が運営していることが多くなります。

医師が一人で運営をするのはムリなので、
必要数のスタッフを雇用してクリニックを運営することになります。

 

看護師は医師の診察を
補助することが出来る人材として雇用されますよ。

開業医が個人で運営しているという都合上、
クリニックには総合病院などに比べると、
非常に個性が強く出てくるところも多くなります。

 

もちろん、仕事内容についても、
それぞれのクリニックによって異なるケースがあります。

メインは医師の診察補助でも、
看護師としての業務以外のことを頼まれることも
多いんですよ。

 

クリニックは小規模であるがゆえに、
より専門的な診療を行っている。
というところもあります。

例えば眼科や耳鼻咽喉科などのように、
専門医が開業しているクリニックもありますよね。

 

眼科や耳鼻咽喉科の診療というのは、
専門的な器具類を使用したり、
検査などを行うことも多くなります。

また、内科の場合には、
大人がかかる内科と子どもがかかる小児科などに分かれますが、
眼科や耳鼻咽喉科は大人も子供も患者さんとして訪れます。

 

専門医が開業しているクリニックでは、
診療科によって異なる器具・検査を覚える必要があったり、
幅広い年齢層の患者さんと対応することが必要にもなります。

とくに子どもの診療には気を使う。
とても大変だった。
というような看護師も多いんですよ。

Comments are closed.