限定公開!クリニックの看護師に採用されるコツ 2015年2月12日

効率的で即戦力になる人

qwefsefd
 

クリニックに採用されやすい看護師は
どのような人物像なのかというと、ずばりきびきび動いて
即戦力となる事ができ、やるべき事をしっかりとこなす人物です。

大病院とは違って入院施設や大規模な施設を
持たないクリニックでは、看護師の数も限られていて、
一人ひとりに任せられる仕事量が決して少なくありません。

 

もちろん中には忙しくない病院もあるかもしれませんが、
少人数でこなすべき仕事が多い事は事実です。

なので、働き始めてからすぐに力となれる人物
採用される傾向になります。

 

現場で効率的に動けない人だと、
仕事がスムーズに進まなくなってしまい、
業務に支障が出てしまうからです。

 

 

順応性があり責任感のある人

 

ただ、新人を育てる環境がある場合は別で、ベテランよりも
新たな環境に順応できる新人が求められる事があります。

ベテランは力になりますが、
新しい環境に慣れないと余計に非効率的になるため、
順応する素直な気持ちが欠かせません。

 

また、患者の健康を預かる重大な仕事なので、
どんな場合でもやるべき事を徹底する人物が理想とされます。

言われた事を忘れてしまったり、時間を守れなかったり、
勝手な判断で行動してしまう人は論外で、
与えられた仕事をやりきる姿勢が評価されます。

 

そして、患者に安心感を与えられるスマイルや
気遣いができれば合格
です。

 

 

採血や点滴等の経験は重要

oiweridjf
 

医療機関には、入院施設の有無、
診療科目など様々な医療形体が存在し、
それに応じてスタッフ構成や採用基準も異なるものです。

クリニックにおいては、小規模ながらも
専門科目に特化した医療機関である為に、
 

看護師の採用基準もその医療機関によって
ある程度の方向性が限られているものとなります。

 

小規模である為に、少人数のスタッフで運営されている事から、
教育や研修を積み重ねるというよりも
即実践が問われるものであり、経験は大きな基準となります。

特に採血や点滴など、患者に侵襲を及ぼす行為においては
経験そのものが必要不可欠であり、
先輩が直ちに教えることのできない技術です。

 

 

専門科目では意欲も重視

 

専門科目に特化したクリニックにおいて、
患者に対する処置や診療補助ならびに知識が大きく異なる為、
専門科目での経験も大きな影響となります。

しかし、経験がないと就職できないという訳ではありません。

 

やはり、その専門科目の知識や技術習得意欲、
あるいは向上心を掛け持つ者が必要
とされるものとなります。

経営者側は、当然ながら
人員確保のために新人を選択することもあり、
専門科目としてスタッフ教育、研修は必然的なものとなります。

 

少人数の運営の中、透析、糖尿病、感染管理、緩和ケアなど
その診療科目で必要とされる専門資格の所有あるいは、
取得意欲が求められるものとなります。

 

 

 

Comments are closed.