待遇が悪いと言われているけど、本当に悪いと思いますか? 2015年4月17日 コメントは受け付けていません。

nayamu看護師の仕事というのは、
想像以上に辛いですよね。

肉体的にも精神的にも過酷な部分が多くみられます。
その割には給料が良くないと感じている看護師も、
実は沢山います。

 

看護学校を卒業して、
そのまま看護師として働く人は多くいます。

看護師の給料しか知らないという人にとっては、
低すぎる給料と思うケースはとても多くなっています。

 

でも、看護師の給料というのは、
他の職業に比べるとかなりの高水準です。

これだけの仕事をしているのだから当たり前。
と考えるかもしれませんが、
仕事と給料のバランスがとても悪いとうことはあまりありません。

 

ただ、看護師の働く環境というのは、
一概にすべてが同じという訳ではありませんよね。

他の看護師の職場に比べてかなり環境が悪い、
待遇が悪いという状況があることもあります。

 

今の職場が待遇が悪いと思って転職をしたけど、
もっと悪いところに来てしまった。
ということは実はあります。

待遇の悪さを理由に転職をする場合、
本当に待遇が悪いのかはよく
リサーチする必要がありそうです。

 

看護師の仕事は
どうしても自分の都合よりも患者さんの都合、
職場の都合によって働くことが多くなります。

そのため、プライベートがおろそかになる。
と考える人は多いですよね。

 

とくに、結婚や出産、そして育児や介護といった、
ライフスタイルの変化によって、
仕事とプライベートのバランスを代えたいという人は多くいます。

仕事の量を減らしたい、
増やしたいという理由で転職をするときには、
場合によっては働き方を変えることで職場に残ってもらいたい。

 

と上司に引きとめられることがあります。

もし、働き方を替えれば
その職場で働いても良いと思うのであれば、
素直に提案に残ることはおすすめです。

 

でも、どうしてもそれでは自分の希望が通らない場合には、
転職をするというのも決していけないことではありませんよ。

濃密な人間関係に悩む看護師は多い コメントは受け付けていません。

 

taiguu看護師は男性と女性だと
圧倒的に女性が多い職業になりますよね。

最近では男性看護師の姿も良くみられますが、
それでもかなりの小数です。

 

女性が多い職場というのは、
どうしても独特の人間関係が
発生することが多くなります

また、女性が多い職業の中でも、
看護師は生死にかかわる仕事ということで、
先輩と後輩の間での指導が厳しいということでも有名です。

 

このような関係が、仕事上だけで済んでしまえばよいのですが、
女性特有の関係性というのは、
仕事だけではなくプライベートまで及ぶことが多い。

という困った事情もあるんですよね。

 

病棟やクリニックなど、ある程度範囲が狭い状態で、
このような人間関係が築かれると、
どうしてもそれが濃密な人間関係を形成してしまう事があります。

良好な状態であれば問題がないのですが、
一度この状態が悪い方に働くと、
精神的に憂うつになる、仕事に行くのが嫌。

 

というようなことが起こり、
うつ病にかかってしまうこともあるんです。

 

人間関係の悪化などによって
転職を考えるという看護師は多く、
離職の原因の中でもよく見かけられます。

ただ、人間関係を理由に転職をする人というのは、
転職を繰り返すことも多いんです。

 

その理由は、
やはり次の転職先でも
人間関係に悩むためなんです。

うつ病になってしまうほど悩みが深い場合には、
やはり離職をするということは必要です。

 

でも、人間関係というのは、
一概に周りだけが悪いということはなく、
何か自分自身にも問題がある場合もあります。

まず、原因を探り、
どうしていつも人間関係で悩むことになるのかという
自己分析をすることも大切ですよね。

残業が殆どない職場として、クリニックはどうでしょう? コメントは受け付けていません。

kurinikku家庭を持っている看護師の中には、
夜勤や残業が困るという方は多いですよね。

 

特に子どもがいるという看護師の場合には、
残業があると保育園のお迎えの時間に間に合わまい。
子どもの習い事に送れなくなる。

といった不都合も出てきます。

 

昔に比べると病棟勤務でも、
このようなことに配慮してくれる職場はふえました。

でも、やはり仕事柄どうしても必ず配慮してもらえる。
という訳ではありませんよね。

 

残業がなく、夜勤もない医療現場
このような職場がある、と言われると、「本当なの?」と思うかもしれませんが、
残業も夜勤もない職場というのは、実際に存在しています。

 

それがクリニックです。

 

個人開業医が運営している病院が多いクリニックは、
診療時間が決まっている。ということが殆どです。

中には診療時間が過ぎても
患者さんが多くて診療しているところがあるわ。

 

と思うかもしれませんが、
実はクリニックではもともとこのような状態を
加味して就業時間を設定していることが多いんです。

 

もちろん、季節によってはどうしても、
その設定されている就業時間をオーバーするほど患者さんがいることもありますが、
病棟勤務に比べると圧倒的に残業は少なくなります。

また入院設備を持たない施設も多いので、
夜勤もないことが多いんですよ。

日勤で働きたい看護師が職場さがしをするには? コメントは受け付けていません。

nikkinnクリニックの求人の最大の特徴に、
日勤のみの仕事が多いというものがあります。

 

看護師の職場というとどうしても
夜勤があると思う人が多いんですが、
クリニックをはじめ、

高齢者福祉施設や児童福祉施設といった介護や福祉の分野。
在宅医療の現場、保育園や幼稚園、学校といった教育施設。
企業内に設置されている診療所など。

 

日勤のみという仕事は実は増えてきています。

 

それぞれの施設によって、看護師が担う仕事というのは異なりますし、
医療行為を行うことが出来る範囲というものも大きく異なります。

自分がどのような仕事をしたいのかという点などをしっかりと考え、
日勤のみの仕事を選ぶことは大切です。

 

家庭の事情などにより、夜勤が出来ない場合でも、
自分が考えていた仕事が出来ないというのは避けるようにしましょう。

医療現場で日勤で働きたいのであれば、
実は求人情報などをチェックしてみても探すことが出来ます。

 

ただ、日勤の医療現場というと場合のよっては特殊な仕事。
ということも出てきますし、
自分に合う職場かどうかというのは、
求人票からだけでは分からないとことも多くあります。

 

自分が勤務するときに、自分に合っている条件なのか。
待遇面など気になる。人間関係などはどうなのか。
勤務先の雰囲気というのはどのようなのか。

など、気になることは多いですよね。
そのような場合には、一般的な求人情報よりも、転職サイトなどを利用することで、
より詳しい条件を知る、そして自分に合った条件の職場を探すことが出来ますよ。

内科・小児科・美容系 どんな仕事が待っているの? コメントは受け付けていません。

syouniクリニックの中でも圧倒的に数が多いのは内科です。
内科はさまざまな症状を持った方が、
とりあえず内科に行ってみよう。

と訪れることがある診療科目です。

 

小児科についても、
子どもの不調に関してはすべて対応するという意味では
内科と同様に、幅広い知識が必要になる診療科目です。

 

看護師が行う仕事も多岐にわたり、
問診を行う時のコミュニケーション能力、
注射や点滴など基本的な看護技術。

訪れた患者さんの様子をしっかりと観察する能力。
場合によっては咄嗟に判断をして隔離をしたり、
ケアをするといった判断力や対処能力も必要になります。

 

場合によっては事務なども担当することがあり、
そうなると医療報酬の算出や会計といった
事務的なスキルも必要になるんですよ。

 

美容科はさまざまなクリニックの中でも特徴的な事として、
保険診療外での診療が多いということがあります。

患者さんは美しさなどを求めてくるため、
医療を提供するというよりは、
サービスを提供するという気持ちが必要になります。

 

そのため、一般的なクリニックに比べても、
コミュニケーションスキルや接客スキルなどが必要になります。

カウンセリングといって、
患者さんの悩みを直接聞いたり、
悩みに応じた診療を案内するということも行います。

 

また、医師の指示によって、
看護師が行うことになる美容施術なども非常に多くなります。

患者さんのケアに当たるというよりは、
どちらかとサービスを提供するということが多く、
さらに化粧品の販売なども行うことがあるんですよ。

クリニックはそれぞれの施設で個性が分かれる!? コメントは受け付けていません。

 

koseiクリニックは小規模は医療機関です。
入院設備がない病院がおおく、
個人開業医が運営していることが多くなります。

医師が一人で運営をするのはムリなので、
必要数のスタッフを雇用してクリニックを運営することになります。

 

看護師は医師の診察を
補助することが出来る人材として雇用されますよ。

開業医が個人で運営しているという都合上、
クリニックには総合病院などに比べると、
非常に個性が強く出てくるところも多くなります。

 

もちろん、仕事内容についても、
それぞれのクリニックによって異なるケースがあります。

メインは医師の診察補助でも、
看護師としての業務以外のことを頼まれることも
多いんですよ。

 

クリニックは小規模であるがゆえに、
より専門的な診療を行っている。
というところもあります。

例えば眼科や耳鼻咽喉科などのように、
専門医が開業しているクリニックもありますよね。

 

眼科や耳鼻咽喉科の診療というのは、
専門的な器具類を使用したり、
検査などを行うことも多くなります。

また、内科の場合には、
大人がかかる内科と子どもがかかる小児科などに分かれますが、
眼科や耳鼻咽喉科は大人も子供も患者さんとして訪れます。

 

専門医が開業しているクリニックでは、
診療科によって異なる器具・検査を覚える必要があったり、
幅広い年齢層の患者さんと対応することが必要にもなります。

とくに子どもの診療には気を使う。
とても大変だった。
というような看護師も多いんですよ。

クリニックで働く看護師は白衣を着ない!? コメントは受け付けていません。

hakuiクリニックというと
白衣を着た医師や看護師が働いている
という印象があります。

実はこのようなクリニックが
最近では減ってきていることはご存知でしょうか。

 

とくに小児科では、白衣の医師や白衣の看護師ではなく、
まるで保育施設のようになスタイルの看護師が多くなっています。

小児科には病気を患い
ただでさえ不安を抱えている子どもが
患者として来院します。

 

さらに白衣という
普段見慣れないスタイルの医師や看護師がいると、
子どもたちの不安は増長されます。

そこで、医師や看護師は子どもや保護者に不安感を与えないように
キャラクターのついたエプロンなどで対応する。
ということも多くなってきています。

 

特に看護師は、子どもの様子などを聞くために
保護者に寄り添い問診をしますので、
気軽に話が出来るよう、気さくさなどを持つことも大切なんですよ。

 

もちろん、小児科以外にも
看護師は多くのクリニックで働いています。

 

問診を行う以外にも、
さまざまな仕事を任されていることは多いんですよ。

例えば、院内の備品が揃っているのか、
環境が整っているのかなどをチェックして整えることなどを任されることや、
事務などを任されることもあります。

 

基本的にクリニックは病床があっても19床以下、
もしくは入院設備がない小さな施設です。

少人数で仕事をしていくことになりますので、
チームワークを大切にしながら勤務することが大切です。

クリニックで活躍する看護師はの仕事は? コメントは受け付けていません。

sigotoクリニックで勤務というと、
一体看護師は何をするの?
と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

でも、クリニックを受診した時に、
看護師がいるのを見たことがある人はいますよね。

 

クリニックでは看護師の求人も良くみられます。

クリニックでの看護師の仕事は、
主に受診に来た患者さんから症状などを聞く問診を行い、
診療をする医師に事前に患者さんの情報を伝えます。

 

患者さんを受診している間は、
場合によっては医師の指示によって
点滴や注射といった医療行為を行うこともあります。

基本的には医師の診療補助というのが業務になります。

 

ただ、クリニックによっては、
事務作業やクリニックないの清掃
といった雑務も頼まれることがあります。

 

クリニックの中でも女性看護師が必須の施設があります。
それが、男性医師のみの産婦人科クリニックです。

実は産婦人科での内診の時には、
男性医師の場合には必ず女性の看護師
もしくは助産師が同席する必要があります。

 

そのため、女性看護師や助産師が必ず必要になるんです。

産婦人科には妊娠した女性だけではなく、
妊娠を希望している女性、
他の疾患のために訪れている女性など様々です。

 

患者さんによっては
精神的に不安定になっている方もいますので、
様子をしっかりとチェックすることも必要です。

限定公開!クリニックの看護師に採用されるコツ 2015年2月12日 コメントは受け付けていません。

効率的で即戦力になる人

qwefsefd
 

クリニックに採用されやすい看護師は
どのような人物像なのかというと、ずばりきびきび動いて
即戦力となる事ができ、やるべき事をしっかりとこなす人物です。

大病院とは違って入院施設や大規模な施設を
持たないクリニックでは、看護師の数も限られていて、
一人ひとりに任せられる仕事量が決して少なくありません。

 

もちろん中には忙しくない病院もあるかもしれませんが、
少人数でこなすべき仕事が多い事は事実です。

なので、働き始めてからすぐに力となれる人物
採用される傾向になります。

 

現場で効率的に動けない人だと、
仕事がスムーズに進まなくなってしまい、
業務に支障が出てしまうからです。

 

 

順応性があり責任感のある人

 

ただ、新人を育てる環境がある場合は別で、ベテランよりも
新たな環境に順応できる新人が求められる事があります。

ベテランは力になりますが、
新しい環境に慣れないと余計に非効率的になるため、
順応する素直な気持ちが欠かせません。

 

また、患者の健康を預かる重大な仕事なので、
どんな場合でもやるべき事を徹底する人物が理想とされます。

言われた事を忘れてしまったり、時間を守れなかったり、
勝手な判断で行動してしまう人は論外で、
与えられた仕事をやりきる姿勢が評価されます。

 

そして、患者に安心感を与えられるスマイルや
気遣いができれば合格
です。

 

 

採血や点滴等の経験は重要

oiweridjf
 

医療機関には、入院施設の有無、
診療科目など様々な医療形体が存在し、
それに応じてスタッフ構成や採用基準も異なるものです。

クリニックにおいては、小規模ながらも
専門科目に特化した医療機関である為に、
 

看護師の採用基準もその医療機関によって
ある程度の方向性が限られているものとなります。

 

小規模である為に、少人数のスタッフで運営されている事から、
教育や研修を積み重ねるというよりも
即実践が問われるものであり、経験は大きな基準となります。

特に採血や点滴など、患者に侵襲を及ぼす行為においては
経験そのものが必要不可欠であり、
先輩が直ちに教えることのできない技術です。

 

 

専門科目では意欲も重視

 

専門科目に特化したクリニックにおいて、
患者に対する処置や診療補助ならびに知識が大きく異なる為、
専門科目での経験も大きな影響となります。

しかし、経験がないと就職できないという訳ではありません。

 

やはり、その専門科目の知識や技術習得意欲、
あるいは向上心を掛け持つ者が必要
とされるものとなります。

経営者側は、当然ながら
人員確保のために新人を選択することもあり、
専門科目としてスタッフ教育、研修は必然的なものとなります。

 

少人数の運営の中、透析、糖尿病、感染管理、緩和ケアなど
その診療科目で必要とされる専門資格の所有あるいは、
取得意欲が求められるものとなります。